top of page

顧客ターゲットについて

広告をする際には、買ってくれる人のイメージを作ってからを開始することがオススメです。

いくら広告で顧客を集めても数字(売上)が上がらなければ意味がありません。

ターゲットを絞って、買ってくれる人を詳細にイメージすることが効果が上がりやすい近道です。

このターゲットを絞る「ペルソナ戦略」と言います。

例えば、シワにならないシャツがあったとして、これを購入してくれるのは、誰か?というのをイメージします。

・お金はあるけど、クリーニングに行く暇がないが身なりは綺麗な27歳の独身男性

とかですね。

広告出稿の際には、こんな感じでペルソナを決めておくと広告素材であったり、そういったものの作り込みにも反映し、広告成果が上がり安いです。

もう一点、重要な点があります。

これまでの営業活動で買ってくれた人を優先的に狙うことです。

これまで買ってくださっているお客様をイメージし、似たようなターゲットを狙うことで成果が非常に上がりやすいと思います。


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page